監理団体とは

監理団体とは

外国人技能実習制度には「企業単独型」と「団体監理型」の2つの方式がありますが、一般の中小事業者の場合は、認可を受けた非営利団体(監理団体)を通して技能実習生を受け入れ、企業等が技能実習を行う「団体監理型」になります。
監理団体(組合等)は、海外の提携先送出し機関から職業安定法に基づいて技能実習生を受入れ、組合員である受入れ企業(実習実施機関)で、技能実習が適正に実施されているかを確認・指導する立場にあります。

▲ページトップ