受入れの仕組み

技能実習生の受入れの仕組み(団体監理型)

団体監理型受入れでは、監理団体が送り出し機関を通じて技能実習生を受入れ、傘下の企業等(実習実施機関)で技能実習を行います。
監理団体とは、商工会や中小企業団体など営利を目的としない団体が、責任をもって海外から技能実習生を受入れ、
技能実習を実施する企業等で適正に技能実習が行われているかを確認・指導する役割を担います。
また監理団体は国外にわたる職業紹介を行うことになるため、「外国人技能実習事業に関する協定書」を取り交わしている送り出し機関から
技能実習生を受入れることになります。

受入れまでの流れ(団体監理型)

受入れの仕組みフローチャート図
▲ページトップ